和室から洋室へ、我が家の快適な空間作り

リラックスできる空間が大切!

リフォームでの失敗談を耳にすることがあります。
業者選びや素材選び、雰囲気重視なのか実用性重視なのか。
リフォーム業者に依頼するのか、DIYやリノベーションなどで自分の手で全て行うのか。
選択は様々です。
選択肢がたくさんあるからこそ失敗しないように慎重に進めていきたいですよね。

リフォーム業者に頼む場合、上手くこちらの意思が伝わらずに完成後に「思っていたのと違う」となってももう遅いのです。
両者の「良い物を作りたい」という気持ちが同じでも、言葉だけではズレが生じてしまいます。
業者の方に相談する前にきちんと自分の中で構想を固めて行き、わかってもらえるまで徹底的に話し合う事がとても重要です。

DIYやリノベーションなど、自ら手を加える場合は更に注意が必要となります。
一番初めの構想の段階で素材の選択や全体の理想だけではなく、部屋や床の構造を把握することが大切です。
しっかりと調べることが快適な生活の第一歩です。
どこからどこまで手を加えるのかきちんと理解し、決断をすることは最も難しいことと言えますがそこがDIYやリノベーションの醍醐味とも言えます。

いずれの場合も下調べをしっかりとした上で自分、もしくはその家族のライフスタイルに合わせた理想の家作りを考えていきましょう。
大切な我が家、家族を守る為、理想的な生活を実現するための手助けとなるように現代のリフォーム事情や傾向、注意点などをわかりやすく解説していきます。

大切だから気を付けたい、慎重な選択

昨今の日本人のライフスタイルは洋室(フローリング)が適していると言われているそうです。 ただ、人それぞれリラックスできる環境は違うものです。 疲れた体を心身ともに癒す我が家とはどういうものか。 学生、社会人、主婦、高齢者などそれぞれに合った空間作りを目指しましょう。

どっちがお得?業者とDIY

畳からフローリングに変える場合、大きく分けて二つの方法があります。 一つ目は専門のリフォーム業者に依頼することです。 この方法が一番手軽で確実であると言えます。 二つ目が自分の手で全て行う事です。 初心者には少し難しく下調べや前準備を怠ると時間も手間も費用もかかることになりますので十分に注意しましょう。

知ってた?フローリングのお手入れ法!

現在、日本の住宅の床はフローリングが主流となってきています。 お手入れ方法は畳と同じで良いのでしょうか? フローリングは畳と違い、傷んだり汚れたからといってすぐに交換できるものではありません。だからこそ毎日の簡単なお手入れと正しいワックスがけで綺麗で長持ちするフローリングを作って行きましょう。

≫ TOPへもどる